FFRK(ファイナルファンタジーレコードキーパー)の攻略、ガチャなどの情報をお届け!

FFRK攻略まとめ

FFRK アビリティ

FFRK アビリティの精錬について

更新日:

FFRKではアビリティ精錬すると、使用回数が増えるなどのメリットがあります。

しかし、アビリティの精錬にはオーブが必要で、アビリティを精錬すればするほど、必要なオーブも多くなっていきます。

今回はアビリティの精錬についてご紹介するとともに、精錬できる回数についてもふれたいと思います。

スポンサーリンク

アビリティは精錬して使用回数を増やすことができる

FFRKにはアビリティが数多くありますが、アビリティを精錬すると、戦闘時に使用できるアビリティの回数が増えます。

だいたい、1回の精錬で使用回数が2回増えます。

中には1回しか増えないものもあります。

アビリティはどこで精錬できるの?

アビリティを精錬するには「強化・持ち物」をタップします。

次に「アビリティ精錬」の項目をタップします。

今まで生成したアビリティが表示されるので、精錬したいアビリティを選択します。

画面に表示されていない場合は、下にスライドさせましょう。

「すべて」「魔法」「物理」「ジョブ」のタブをタップすることで、目的のアビリティを探しやすくなります。

タブを切り替えよう

「魔法」は「黒魔法」「白魔法」「召喚魔法」のタブ、

「物理」は「物理攻撃」「物理補助」「物理スピード」「魔法剣」のタブ、

「ジョブ」は「ジョブ1」「ジョブ2」のタブ、

にそれぞれ細分化されています。

細分化されているとはいえ、たくさん作った場合は、1画面に表示しきれない場合もあります。

そんなときは「表示切替」のとなりのところをタップして、「精錬可能優先」「入手」「種類順」「レアリティ」「精錬度」のカテゴリを変更しましょう。

カテゴリの中には「新しい順」「古い順」を選択できるものもあります。

新しく、ケアルダを作っていて、それを精錬したい場合は、「入手」>「新しい順」を選択すれば、タブが「すべて」の場合でも、最初にケアルダが表示されます。

アビリティは精錬できる回数が決まっている

アビリティは使用回数が異なるものもあります。

ファイアは2回、ケアルは4回、ゴブリンは1回、です。

この使用回数は、精錬することで上限を増やすことができます。

アビリティは精錬度5まで精錬できます。

ただし、精錬するごとに必要なオーブの数が多くなっていきます。

精錬できるアビリティは所持しているものだけ

FFRKはアビリティがたくさんありますが、精錬できるのは自分が持っているものだけです。

最初は所持しているアビリティが少ないので、どんどん増やしていきましょう。

しかし、生成できるものを、なんでもかんでも作っていけばいい、というわけではありません。

ダンジョンの攻略において、使わないものを作ってしまっても、無駄になるだけです。

たとえば、

物理攻撃タイプしかいないパーティに、回復魔法は必要ありませんし、ほとんどの場合はセットすることすらできません。

魔法系のパーティだからといって、召喚魔法が使えるかといったら、召喚魔法が使えるキャラは非常に少ないです。

生成しようと思っていたアビリティが、実は使用できるキャラが少なかった、ということもあります。

優秀なアビリティを使えるキャラも育てておこう

どんなに優秀なアビリティでも、それを使うキャラのレベルが低ければ、思うような効果が発揮できないこともあります。

そうならないように、物理攻撃系のキャラ、物理補助系のキャラ、魔法攻撃系のキャラ、回復系のキャラ、など、それぞれの役割をもつキャラを、まんべんなく育てておけば、いろんな敵に対応できるようになります。

 

FFRKではアビリティは戦闘にはかかせないものです。

攻撃、補助、回復、の面でパーティをサポートして、勝利に導くことができます。

最初は使用回数が少ないですが、オーブを使って精錬すれば使用回数を増やすことができるので、さらにダンジョンを攻略しやすくなります。

-FFRK アビリティ

Copyright© FFRK攻略まとめ , 2018 All Rights Reserved.