FFRK(ファイナルファンタジーレコードキーパー)の攻略、ガチャなどの情報をお届け!

FFRK攻略まとめ

FFRK 深淵

FFRK深淵 トンベリの攻略法

更新日:

FFRK深淵の間、ノーザンクロスの記憶では、最後のダンジョンで、数フェーズにわたってトンベリと戦うことになります。

今回は各フェーズのトンベリの攻略法についてご紹介します。

スポンサーリンク

トンベリの特徴

弱点なし

ブレイク無効

フェーズ1では、麻痺、スロウ、ストップ、行動キャンセル、は有効ですが、フェーズ2では麻痺が効きません。

フェース3のトンベリキングには、行動キャンセルだけが有効です。

スペシャルスコア

このダンジョンのスペシャルスコアは、

「トンベリをスロウ状態にした」「トンベリをストップ状態にした」「トンベリの行動をキャンセルした」

です。

ブレイク技は無効ですが、有効な状態異常があるので、状態異常を付与する戦法となります。

第1フェーズ

トンベリ1体との戦闘になります。

状態異常を付与しながら、ダメージを与えていきます。

1体だけなので簡単に倒せますが、次のフェーズではトンベリが3体でてくるので、エンドアスピルで必殺技ゲージをためておきましょう。

ただし、トンベリは距離が近づくと攻撃力が増すので注意が必要です。

※レコードマテリアに「エースストライカー」「戦士の成長」をセットしていれば、攻撃時に必殺技ゲージがたまりやすくなります。

第2フェーズ

トンベリ3体との戦闘になります。

第1フェーズと同じように、状態異常を付与しながらダメージを与えていきます。

第1フェーズで味方全体の攻撃力や防御力などのステータスをあらかじめ上げておけば、敵が3体になっても戦いやすくなります。

ストップルンバを使えば、敵全体にストップをかけることができます。

敵が横並びになると強烈な技を使ってくるので、横一列にならないように、スロウをかけるなどしましょう。

全滅させると3体が再出現するので、同じように戦って倒しましょう。

第3フェーズ

トンベリキング1体との戦闘になります。

トンベリキングは行動キャンセルだけが有効です。

「とぎたて」を使ってきますが、この威力は小トンベリの移動量によって大きくなります。

「じたんだ」は強烈な技なので、味方の防御力をあげておきましょう。

トンベリキングは必殺技を連発して一気に倒しましょう。

推奨されるアビリティ

トンベリを倒すには、スロウやストップ、行動キャンセルを付与するアビリティが必要です。

麻痺は最初のフェイズだけなので、なくても大丈夫です。

スロウを付与するアビリティは、スロウガ(高確率)、があります。

ストップを付与するアビリティは、敵1体だけの場合はストップや影縫い(中確率)、複数の場合はストップルンバがおすすめです。ストップルンバはセットできるキャラが少ないです。

行動キャンセルを付与するアビリティは、断動(中確率)、があります。トンベリキングに使用しましょう。

必殺技ゲージをためるために、エンドアスピルを各キャラクタにセットしておきましょう。

回復できるキャラは2人いたほうが安心です。

どんな必殺技がいいのか

このダンジョンは第3フェーズまであり、第2フェーズでは3体との2連戦になります。

限界突破可能な必殺技を小トンベリに使うよりは、バースト超必殺技で、味方のステータスを上げながら、敵HPを少しずつ削っていったほうが攻略しやすいです。

バースト中はアビリティの使用が無制限になります。

オーバーフロー超必殺技などの火力の高い必殺技は、トンベリキングのときに使いましょう。

 

FFRKの深淵の間、ノーザンクロスの記憶の最後のダンジョンは、トンベリが数フェーズにわたって出現します。

トンベリの数が多いので大変そうに思えますが、状態異常をトンベリに付与しながら戦うと攻略しやすいです。

エンドアスピルなどで必殺技ゲージをためていき、最後のトンベリキングには必殺技を連発しましょう。

-FFRK 深淵

Copyright© FFRK攻略まとめ , 2018 All Rights Reserved.